FC加盟についての無料情報サイト。

FCのシステム

こんにちは、FC加盟の無料情報です。
FCには、しっかりと公に定められたシステムが存在するのです。
そのシステムを定義しているのは日本FCチェーン協会です。

当日本FCチェーン協会において、FCとは、事業者が他の事業者との間に契約を結び、自己の商標などの標識及び経営のノウハウを用いて、同一の印象を持った事業を行う権利を与え、その見返りに一定の対価を支払うと言う関係性であるとされています。

つまり、ウチと全く同じショップを出してもよいし、援助もするから、その代わり売り上げの一部を支払ってください、と言うシステムです。

これは本部−支部の上下関係性とは違い、共同事業なため、そこに公的な上下関係性はありません。
さらに、共同経営でもないので、FCの契約を交わした事業者同士はそれぞれ独立したショップであると言う事になります。
ここが大きなポイントです。

つまり、FCは開店に必須な資金を自分で投下する必須があるんです。
開店する為の費用は職種、ショップの規模によって大小ありますが、そこまで莫大な費用が必須なケースは殆どありません。
例としては、最もFCが盛んなコンビニエンスストアなどは、200〜300万あれば開店できるのが一般的です。

これだけの額でひとつのショップのオーナーになれるのが、FCの最大の醍醐味と言えるでしょう。
元々のブランド印象が確立されているため、立地条件などによほどおかしなしかしない限りは一定以上の集客も見込めるので、比較的楽に経営できることもあるでしょう。

FC加盟の無料情報(3)関連エントリー